みかん農家の栽培日記2013-後半

桃とみかんの農家「よけそ農園」
桃とみかんの「よけそ農園」 > みかん農家の栽培日記2013-後半

みかん農家の栽培日記2013-後半

2013/12/18
【田口早生の収穫が始まりました!】
田口早生
みかん盛り付け

みかんの収穫も大詰めを迎えています。
急いで収穫したいのですが、この季節によくある「時雨」で収穫できない日が続いたり。。

【興津早生】も大半を収穫し終わり、あともう少しで収穫が完了するのですが、同時に【田口早生】の収穫も始まっております。

この田口早生は和歌山の期待の品種であり、減酸が早く高糖度なのが特徴です。
ちょっと専門ぶって書きましたが、酸っぱさがあまりなく、とっても甘いみかんに仕上がっております。

お客様にj感想をうかがうと、「酸味がもう少し欲しいかな」とおっしゃる方もいれば、「甘くてとっても美味しい!」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

本当に好みは様々だなあと思うのですが、当園の目指すみかんの味は、コクがあり、甘みも酸味もバランスよく両方あるが、甘みの方が強いイメージ。

甘みは体温に近い温度の時に、もっとも強く感じるそうです。
この季節の寒いみかん畑で試食し、甘く感じたみかんを部屋の中で食べた場合はもっと甘く食べられるはず!こたつに入りながら食べるシチュエーションが最高ですね。

などなど、そのようなことを考えながらみかんの試食をしております。
果樹農家には味を見極める能力も、大切なスキルではないかと考える今日このごろです。

このページのトップへ
2013/12/08
【今年のお歳暮に当園のギフト用みかんはいかがでしょうか】
興津早生
みかんの試食

いよいよ12月。寒さも厳しさを増してきました。
青森のお客さまからは、そろそろ本格的に雪模様になりそうとの
ご連絡をいただきました。

これからお歳暮の時期になってきますが、その時期になるとご注文いただくのがこの「ギフト用みかん」です。

売っているのに何ですが、この商品の荷造りをするのがとにかく大変なんです!
ネットショップで販売しているミカンは厳しい選別をしているのですが、このギフト用みかんもう一段階厳しい選別をします。

自分で上げてしまったハードルですが、条件をクリアできるミカンが足りなくなり、畑に出かけて探しまわることも多々あります。

農家直送であることを最大限に生かして、味・鮮度・果実の美しさなど当園のできる限りを出しつくしております。

そして、このパッケージは和をイメージした重箱の化粧箱になっております。他にあまり見かけない化粧箱ですので、この商品をお届けした先様にもちょっとしたサプライズになるのではないでしょうか。

今年のお歳暮でのご利用、お待ちしております!

このページのトップへ
2013/11/30
【また、このみかんを食べたい!と思ってもらえるように。】
興津早生
みかんの試食

紅葉がきれいな季節になってきました。
京都などに観光に出かけたいところですが、みかんの収穫に追われる毎日のため、畑から出られそうもありませんね。。

さて、これから津早生の収穫が本格化してきますが、ここ数日試食をしているとぐっと味がのってきたのがわかります。
この時期を狙って、ギフト用を購入されるお客様もおられる人気のあるみかんです。

当園の自慢は、一度当園のみかんを食べていただくと再度ご購入されるお客様が多いこと。

単純にうれしいという気持ちがあり、また購入いただけたということは、美味しいと思っていただけたんだ!と、ホッとする気持ちも大きいです。

試食などで確認をしてはいますが、送付する時には本当に美味しく食べていただけるのか、やはり不安なものです。

一度、箱の中に詰めたミカンを美味しくないんじゃないかと取り換えたり、
試食で食べてみて美味しいと思ったミカンをそのまま送れればな・・・と思うこともしばしば。

と言いながらも、美味しいという自信もあります(笑)
一度ご賞味くださいませ。

このページのトップへ
2013/11/26
【ハズレのみかんが少ないのは理由があります。】
興津早生
みかんの試食

おかげさまで「ゆら早生みかん」が完売となりました!
多くの注文ありがとうございました。
「ハズレのみかんがなくてどれも美味しかったよ」という感想をいただいております。

お届けするみかんにハズレが少ない理由は、必ず樹ごとにみかんの試食をして、OKが出ないとその樹からは収穫を行わないこだわりにあります。

糖度が高いからといって、必ずしも美味しいみかんとは限りません。鮮度・酸味・コク・食べる時の温度など色々な条件があって美味しさを感じます。

糖度はあくまでも目安の一つであり、 食べてみないとわかりません。

そして、自分たちが実際に多くのみかん食べてみることによって、どのようなみかんが美味しいのか選別する目が養われていきます。
そうすることによって、選果を行う際に「このみかんは美味しくなさそうだな」と選ぶことができるようになるのです。
みかんの食べ過ぎで、若干胃がやられぎみになりますが。。

お歳暮のシーズンを迎え、選果しなければならない量も増えていきますが、美味しさのレベルを落とすことがないよう、きっちり選別をしてお届けしたいと思います!

このページのトップへ
2013/11/16
【間違いなく美味しいみかん!菊みかんといいます。】
菊みかん
畑の風景

早生みかんの収穫をしつつ、
極早生みかんである「ゆら早生」の収穫を行っております。

普通の農家さんでは、もう「ゆら早生」の収穫が終わっているのではないかと思いますが・・・(笑)

今年も収穫を行っているとよく見かけるのですが、
たまにちょっと変わったミカンが見られます。

底の皮がボコボコしているのがわかりますでしょうか?
この状態が菊の花に例えられ、「菊みかん」と呼ばれているみかんです。

「菊みかん」という品種があるのではなく、夏に雨が少ない状態であった年にこのような現象がみかんで見られるのです。

この現象が出ていて、底の皮にしっかりとした濃いオレンジ色が出ている。そのようなみかんで残念な味のみかんは食べたことがありません。

現在ご注文いただいている、ゆら早生みかんは結構「菊みかん」になっているものがあります。
S/SSサイズが特に味が濃く、美味しいみかんに仕上がっております。

「ゆら早生」みかんは本当に美味しいのですが、育てづらくて生産量も少ないのが難点。

数量に限りがありますので、食べてみたいと思われる方はお早目のご注文をお勧めいたします。

このページのトップへ
2013/11/09
【樹上完熟みかんが市場に出回らない訳は?】
蜜柑「ゆら早生」
蜜柑の獣害

みかんの色が完全にオレンジ色に着色しました!
こちらは「ゆら早生」になります。

この状態でも十分美味しいのですが、
ネットショップで販売するみかんはもう少し樹にならせた樹上完熟みかんになります。

みかんを樹上完熟させると、ぐっとコクがあり甘みが濃い味になるのですが色々な問題が発生してきます。

タヌキ・ヒヨドリの食害

樹上にみかんを完熟してからもならせておくと、木が傷み、来年は着果量が少なくなったり、あまり美味しくないゴツゴツとした大きい実ができたりします。

ですので普通、農家さんたちは樹上完熟をしたがりません。
完熟する前に収穫してしまうのがほとんどなのです。

よけそ農園ではそのリスクをかぶってでも、
樹上完熟みかんの味はお届けする価値のあるものであると考えています。

そのような面があり、少し価格をお高くなっておりますが、ぜひご賞味いただきたいみかんです!

ネットショップでも、もう少しで出荷ができます!
もうしばらくお待ちくださいませ。

このページのトップへ
2013/10/26
【「ゆら早生」がどれだけ甘いか?抜き打ちで糖度チェックを行ってみました。】
蜜柑の畑
蜜柑の糖度チェック

台風が和歌山に当たらず、みかんが無事でほっとしています。
そして現在、極早生みかんの収穫がピークを迎えております。

現在、収穫しているのは「日南一号」というみかんですが、もう少しすると「ゆら早生」という品種のみかんが出てきます。

その「ゆら早生」を抜き打ちで糖度チェックを行うと・・なんと14.5度!

12度あれば美味しいみかんといわれていますので、かなり甘みが濃厚です。
糖度計だけでは美味しさは測れませんが、目安にはなると思います。

ネットショップでの販売はこの「ゆら早生」からを予定しております。
このみかんを食べると他のが食べれなくなるかもしれませんよ(笑)

販売までもうしばらくお待ちくださいませ。

このページのトップへ

2013/10/14
【今年のみかんはなかなか甘いですよ!】

蜜柑「ゆら早生」
今年の蜜柑

夜もだんだんと冷え込むようになってきました。

現在のみかんの様子です。
極早生みかんの色づきがかなり良くなってきました。

抜き打ちで糖度チェックを行うと現段階で11度。
まだ青みの残る極早生みかんで、この数字は甘いと思います。

糖度がみかんの美味しさのすべてではないので、木ごとに食味のチェックを行ってOKが出てから収穫を行っています。

完熟になるとどこまで美味しくなるか、今から楽しみです!

さて、みかんの収穫が忙しくなってきていますがこの時期には桃の肥料をやらなければなりません。

ですので、その前に草刈りにやってきました。

すでに芽が出てきています。
もう来年の桃の準備が始まっているんです。

肥料をまく準備ができました。
来年も美味しい桃ができますように、よろしく頼みます!

このページのトップへ
2013/10/06
【極早生みかんの収穫が始まりました!】
青切り蜜柑
蜜柑の状態
蜜柑の畑の様子

まだまだ暑い日が続きますね。
当園でも極早生みかんの収穫が忙しくなってきました。

市場では「青切りみかん」といい、完熟になる前に甘酸っぱいみかんを食べたいという需要があり出荷しています。

現在、収穫を行っているのが「日南一号」という品種のみかんです。
モノレールと呼ばれる運搬機でみかんを運びながら収穫を行っています。

一本の樹ごとに味見をしながら、収穫を行っていくのですが比較的この時期にしては甘みがのっています。

すでにヒヨドリなどが食べたあとがちらほらと。
美味しい証拠なんですが、もう始まってます食害が。。

ネットショップでの販売は選別された木の、樹上完熟みかんのみを販売しますのでもうしばらくお待ちくださいませ。

みかんとは別に桃のニュースですが、
金沢にある老舗フルーツパーラー「フルーツむらはた」様で当園とのコラボ商品【水密桃ジャム】が販売されております。

よけそ農園の桃がたっぷりと使用され、可愛らしい小瓶に入っています。
お近くにお住まいの方はぜひご賞味くださいませ。

このページのトップへ
2013/09/21
【極早生みかんがほんのり色付きはじめました!】
極早生ミカン
摘果の様子

朝晩はだんだんと寒さを感じ始める今日このごろですが、日中はまだ暑いですね。

みかんの様子ですが、極早生みかんでは早くも黄色く色づき始めたものも。

試食をしてみると酸味が強いものの、しっかりと甘みが残ります。
まだ糖度を測っていないのですが、この時期でもある程度の数値がありそうです。

まだまだ、早生みかんでは仕上げ摘果を続けています。
こちらは緑一色ですね。

さわやかな秋晴れが続くので、みかん山からは遠くの景色がよく見えます。
あちらからは山がだんだんと黄色に染まっていくのが見えるんでしょうね

このページのトップへ
2013/09/19
【甘いみかん作りための秘訣その一】
蜜柑の様子
割れた蜜柑
摘果作業中

今夜の月は「中秋の名月」ですね。
久々に月を見上げてしまいました。

さて、よけそ農園ではみかんの『仕上げ摘果』を行っています。
みかんを仕上げるための最終の作業です。

お盆を過ぎてから一気に果実を落とす『後期重点摘果』になるのですが、みかんの樹というのは果実がたくさんなっているほど
光合成量が増すといわれています。

その着果ストレスが最大限になった状態で一気に果実をおとしてやり、光合成でできた糖分をできるだけ少ない果実の集積させるのがこの『後期重点摘果』になります。

かなりの果実を落とすので、少しもったいないような気もしますが来年度の着果量にも影響がありますし、
なにより甘いみかんづくりには摘果がかかせません。

また、この時期になると水分を吸って大きくなる途中で写真のようにパカッと割れてしまう果実もでできます。
こちらももちろん落とします。

また、摘果をしつつも果実が重くなって地面についてしまいそうな枝をテープであげてやったり。

このような地道な作業をしながら、当分みかん山をまわり続けます。
今年は日照時間も多かったため、美味しいみかんが期待できそうです!

このページのトップへ
2013/09/15
【実りの秋です。現在のみかんの様子は?】
蜜柑の様子
蜜柑の様子

ブログを更新している現在、和歌山では雨が降り続けております。
台風18号の影響ですね。

まだ暑い日々が続いていますが、めっきり秋らしくなってきました。
米ももう少しで収穫ができそうです。

みかんの様子と言いますと、、

ほぼ、出荷する際の大きさに近づいてきており、ほんの少し黄色に色づいている気がします。

今のところ順調に育っていますのでこの雨でもう少し大きくなってくれればという感じです。

はっさくも摘果作業が完了し、こちらもはっさくらしい姿になってきました。

だんだんここから見える、みかん山の景色も黄色に染まってきます。
みかんの出荷はもうしばらくお待ちくださいませ。

このページのトップへ
2013/08/28
【和歌山県の果樹新品種研究同志会に参加してきました】
蜜柑の様子
研修の様子
試食会

現在のみかんの様子です。もうかなり大きくなってきております。

桃のシーズン中はほとんど休みがとれなかったので、少し仕事をお休みしており、その間ブログの更新を休んでしまいました。。

十分にお休みを頂きましたので、『みかん』のシーズンに向けて集中していきたいと思います!

さて、先日のことですが『和歌山県果樹新品種研究同志会』による研修があり、参加しておりました。

今年の桃は県内で『核割れ』という現象が多発しており、原因と対策などについて発表が行われました。

よけそ農園でも多く発生していましたので、参考にしつつ、自分なりの対策を考えてみようと思います。

また、農薬・防除について講演があり、発表されているのは佐賀県上場営農センターの田代先生。

こちらの本も出版されており、病害虫防除についてのお話を伺いました。

「果樹の病害虫防除 だれでもできる ラクして減農薬」

散布時のノズルや薬剤、厚生省などの裏話まで非常に参考になるお話でした。
ただ聞くだけでは、いい話が聞けてよかったなで終わってしまうので、さっそく今度から散布の方法を変えてみることに。

最後は夏果実の試食を。
マンゴーなども出てきたり、ある意味ぜいたくな試食会でした。

研修が終了した後は、懇親会に出席をし、お話を伺った田代先生に直接質問できたり、他の生産者の方ともお話しました。

意識の高いプロの集まりですので、栽培方法などについて伺う良い機会でした。
TPPなどについても盛り上がってましたが(笑)

積極的にこのような研修に参加し、よけそ農園も技術的にレベルアップしていきたいと思います!

このページのトップへ

よけそ農園の美味しいみかん(蜜柑)

小粒みかん(2Sサイズ)「小姫珠」 小玉みかん(Sサイズ)「姫珠」 温州みかん(Mサイズ)「並珠」
大きいみかん(Lサイズ)「大珠」 みかん(蜜柑)「サイズ無選別」 ギフト用みかん
国産レモン 平成30年度のみかんは完売いたしました!
今シーズンもありがとうございました!
このページのトップへ

桃とみかんのよけそ農園

桃とみかんのよけそ農園
  • 塩レモンを安全な国産レモンで
  • 蜂蜜レモンを安全な国産レモンで
メールについて お支払いについて お買い物について
「よけそ農園」では、お客様からいただきましたメールへのお返事は、必ず2営業日以内に返信させていただいております。
万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当農園より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいます様、お願い致します。

項目見出しクレジットカード
【ご利用可能なクレジットカード】
クレジットカード
VISA/Master/NICOS/UFJ/DC/JCB/AMEX/Diners

項目見出し代金引換(手数料260円)
ゆうぱっく  
項目見出し銀行振込(振込手数料はお客様ご負担)
 三井住友銀行

お支払い方法について詳細はこちら

項目見出し「よけそ農園」では、ご注文後、商品を出来るだけ早くお届けするために、初めてお買い物をされるお客様に【クレジットカード決済】または【商品代引】をお奨めしております。

項目見出しご注文の際には正しくメールアドレスをご記入されているかご確認ください。ご注文後のご連絡がとれず、ご迷惑をおかけいたしますのでよろしくお願い申し上げます。

※一部離島につきましてはお届け日、時間帯のご希望に添えない場合もございます。

個人情報について 送料について お届け時間帯の指定について
よけそ農園は、お客様の個人情報の取り扱いには万全の注意を払っており、お客様の個人情報を、あらかじめ示した提供先(運送会社や決済管理会社等)以外の第三者に開示もしくは提供することは一切致しません。

項目見出しゆうパック
 送料無料でお届けいたします。
 北海道・沖縄へのお届けは【770円】、東北へのお届けは【280円】の別途送料をいただいております。

配送日と時間の指定が可能です。
配達日指定のご希望がある場合、発注日よりなるべく一週間以降でご指定下さい。

時間帯は下記の時間帯からお選びいただけます。
午前中・12時~14時頃・14時~16時頃・16時~18時頃・18時~20時頃・20時~21時頃

よけそ農園(桃・みかん・国産レモンのお取り寄せ|通販|通信販売)

和歌山県紀の川市貴志川町長山1278

当サイト内の写真や文章、すべての内容につきまして無断転載・転用は、これを固くお断りいたします。

Copyright (C) Yokeso Farm. All Rights Reserved.