みかん農家の栽培日記2016-後半

桃とみかんの農家「よけそ農園」
桃とみかんの「よけそ農園」 > みかん農家の栽培日記2016-後半

みかん農家の栽培日記2016-後半

2016/12/02
【沢山のみかんのご注文ありがとうございます!急いで出荷しております!】
完熟になった興津早生
11月の最高糖度

早生みかんも深いオレンジ色になりました。
味がのりきっている感じです。

かなり甘く感じた小さめのみかんで試しに糖度を測定してみたところ、なんと18.2度!
甘いはずです。通常12度以上のみかんが甘い高級みかんとされているようです。

こういうみかんばかり育てられれば良いのですが、これは最高値で、すべてのみかんがそうはいきません。。
が、そういった最高のみかんをできるだけお届けできるように努力をしています。

みかんの木ごとに何個も試食をしながら、「このみかんの味は本当に美味しいと思ってもらえるのか?」と試行錯誤しながら収穫しています。一日中みかんを食べ過ぎて、最後には味がわからなくなるぐらいまで食べてます(笑)

そのかいがあってか、食べられたお客様から「本当に甘かったので、実家にも送りたい」「友達から少しもらったのだけど、あんまり美味しいので注文したくて電話した」といった嬉しいお言葉を多くいただいております。

こういった言葉は本当ありがたく感じますし、「もっと美味しいものを!」という気力のもとになっています。

そして、本当に美味しいものというのはすごい力を持っているもんなんだなあと今更ながら驚かされます。

このページのトップへ
2016/11/20
【完熟みかんの収穫がピークを迎えています!】
興津早生の収穫
ヒヨドリの被害

いよいよ本格的なみかんのシーズンが始まりました!!
まさに猫の手も借りたい状態です。

少し前までは、なかなか完熟になるみかんが少なく、なかなか出荷ができなくて、お客様にもお待ちいただいていたことが多かったのですが。。
これからどんどん収穫・出荷していきたいと思います!

現在は当園のメインの品種「興津早生」の収穫を行ってますが、今年の興津はかなり美味しいです。
完熟のものを食べると、まさにとろけるようや甘さと深いコクがあり、試食でもついつい食べ過ぎてしまうほど!

ですが、美味しいみかんを食べるのは人間だけではありません。

特にひどいのが「ヒヨドリ」の被害です。
美味しいみかんほど良く食べられるのですが、当園の被害はひどいものがあります。
畑の中を飛び回り、ビィビィと鳴き声がうるさいほどです。

完熟になる前に収穫すれば被害は軽くて済むのですが、そうすると蜜柑が最高に美味しくなる前に収穫してしまうことになりますので、それはできません。。

そして完熟になった今、ヒヨドリに食べられてしまう前に収穫しなくてはなりません。
明日も急いで収穫です!頑張ります!!

このページのトップへ
2016/11/06
【みかんに肥料の散布を行いました。】
11月06日の興津早生
秋肥の散布

朝が寒くて起きるのがつらくなる季節になってきました。
最近は秋がなくて、急に冬になる感じです。

極早生みかんの収穫も終盤になってきまして、いよいよ早生みかんの収穫!といきたいところですが、今年はなかなか着色がしてきません。

もう少し深いオレンジ色になると完熟になってくるんですが、もうちょっとかかりそうです。
次のみかんの収穫の合間に、秋肥の散布を行いました。

まだみかんがなっているのに、肥料をやるのかと思われそうですが、この時期にやらなければなりません。

肥料をやるのが早すぎると、みかんの味を落としてしまいますし、かといって遅くなりすぎると寒くなりすぎて、根から養分を吸収出来ません。タイミングを逃さないようにする必要があります。

この時期の肥料はみかんをならせて弱っている木に養分を補給してやると同時に、来年の成長を助ける役割もある重要な作業です。

みかんを収穫をしていると同時に、もう来年に向けての準備も始まっているのです。

このページのトップへ
2016/10/30
【レモンの出荷が始まっています!みかんの出荷は?】
10月30日の国産レモン
国産レモンの収穫

寒さが次第に厳しくなってきました。
そろそろヒートテックが必需品になってきそうです。

さて、当園では「国産レモン」の出荷が始まっております!

好評につき、第一回目の出荷分で半分以上のレモンがすでに出荷されました。今のレモンは青さの残った「グリーンレモン」です。

ご質問でたまにいただくのですが、「青いレモンはそのままで食べられますか?」というものがあります。

そのまま召し上がっていただいて大丈夫です。
スーパーによく並んでいる輸入レモンなどは鮮やかな黄色をしているので戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、この時期のレモンは少し黄色がかった緑色をしています。

黄色のレモンが欲しい方もいらっしゃるかもしれませんので、今後はレモンもある程度の量を、木にならせた状態にして黄色になった状態で販売できるようにしようと思います。

もうひとついただく質問なんですが「レモンを長期保存するにはどうすればよいか?」というのがあります。

いつもお答えしてるのが、冷蔵庫の野菜室でレモンを「ジップロック」に入れて保存するという方法です。
こちらは実験済みで3カ月ほどは大丈夫でした。
ぜひお試しください!

今回はレモンのQ&Aコーナーでした。
みかんは熟するのが遅く、予約注文いただいた分は少しずつ発送しております。
もうしばらくお待ちくださいませ。

このページのトップへ
2016/10/23
【みかんはかなり良い色づきになってきましたが・・・】
10月23日のゆら早生
鈴なりになっている上野早生

なんかすっきりとしない天気が続いています。
晴れの天気予報になってるのに、雨が降ってきたり。
寒さもだんだんと感じられるようになりました。

極早生みかんの収穫もピークを越え、そろそろネットショップで完熟みかんの出荷を始めたいところなんですが・・・
まだ酸っぱさが抜けきらない感じなんです。

例年でしたらもう出荷しても大丈夫だったんですが、今年はなかなかGOサインが出せません。。
レモンの注文も沢山いただいているのですが、こちらも色づきがあともうちょい欲しいかなという感じです。

「10月下旬に出荷」と書いているので、もうそろそろ出荷しなくてはいけないんですが、まだギリギリまで粘ろうかと思っています。
お待ちいただいているお客様には申し訳ありません。

ですが、せっかく当園からお買い求めいただくのですから、ご満足いただける品質のものをお送りしていきたいので、ここだけは妥協せずにいきたいと思います。

おかげさまで「国産レモン」はもうすぐ完売に達しそうな勢いですので、お求めの方はお早めにどうぞよろしくお願いいたします。

このページのトップへ
2016/10/13
【小さいみかん と 大きいみかん では、どちらが美味しい?】
日南一号の収穫
10月13日の日南

朝や夕方は肌寒い季節となりました。
最近は秋がなくて、夏から急に冬になるイメージがありますね。

気温も下がってきて、みかんの色づきも濃いオレンジ色になってきました。
そして極早生みかんの収穫がピークを迎えています!

まだ酸っぱさも残るみかんですが、しっかりと甘さもありますので、美味しいみかんに仕上がっております。
ネットショップで販売するのは完熟みかんだけですので、まだ青みの残る極早生みかんの販売はおこなっていません。

ですが、だんだんとお問合せのメールやお電話をいただくようになってきましたので、レモンと同じように先行予約で注文を受け付けるようにいたしました!
発送は10月下旬を予定しておりますのでご注意ください。

あと、たまにいただく質問なんですが、「大きいみかんと小さいみかんではどちらが美味しいですか?」というのがあります。

これは「小さいみかん」の方が美味しいみかんであることが多いです。味が濃縮されているイメージで、甘みも酸味もどちらも濃いです。

本当に蜜柑が好き!な方はSSサイズやSサイズを好まれることが多いです。ぜひお試しください!

このページのトップへ
2016/10/3
【レモン酢なるものが流行っているようです】
10月のレモンの様子
10月2日の日南

まだまだ暑い日が続いきますね。湿度も高くて、仕事をしていても汗びっしょりになります。

最近は「レモン酢」なるものが流行っているみたいです。
ダイエット・美肌などの美容面や、高血圧対策や疲労回復などの健康面などの効果があるようで、テレビなどで紹介されたこともあり、さらに火がついたようです。

健康や美容を意識されている方が、安全で安心な国産レモンをお求めになられているようで、当園にもよく「レモン酢を作りたいんですが」といったお問合せをいただいております。

現在はレモンのページにて予約注文という形で販売を開始していまして、10月下旬からの収穫とお届けを予定していますが、おかげさまで、すでに注文を多くいただいております。

個人的には「酸っぱいレモンにさらに酢を加えるのか・・・」と体が震える感じがいたしますが、酸っぱいものは体に良いものが多いですよね。
ぜひ当園のレモンで作っていただきたいと思います!

さて、極早生みかんも左の写真のように、オレンジとはいきませんが黄色に色づいた状態に。
実はスーパーさんや市場用のみかんの出荷がはじまっており、収穫に追われております。

早い時期の蜜柑にもニーズがあるためなんですが、ネットでの販売は完熟みかんに限定しておりますので、10月下旬からの出荷を予定しています。
もうしばらくおまちくださいませ!

このページのトップへ
2016/9/24
【期待の新品種!YN26】
みかんの摘果
9月のYN26

雨が多く、スッキリとしない天気が続きます。
摘果作業を続けておりますが、雨の日が多くてなかなか作業が進まず、ようやくあと1日で終わりそうな感じです。

みかんもぼんやりと黄色がかってきました。
そろそろ極早生みかんの収穫が始まる時期になってきまして、糖度チェックなどをしながら食味の確認を行ったりしております。

今年のみかんは甘いですね!
現在、当園の極早生(ごくわせ)みかんはだいたい10~12度、この時期は平均的な極早生みかんの糖度は9度ぐらいで、比べるとかなり甘さがあります。これからまだ糖度は上がると思います。

3年前に植えた「YN26」とういう品種のみかんがあるのですが、こちらはなんと 13.9度
9月下旬では、なかなか見たことがない値です。

一週間前の文章でも「今年のみかんは楽しみ」と書いていましたが、期待にこたえてくれた結果となりました。

「一種二肥三作り」ということわざがあります。

「まずはよい種を選ぶこと、次に適切な肥料を施すこと、第三に手入れや管理をよくすることが大切」という意味で、よい農作物をつくるための心得なんですが、まさに優れた品種を選んで、適切な栽培を行えば結果は必ず出るということを実感しました。

今はまだYN26は収穫量は少ないので、主力にはなれないのですが、これからどんどん増やしていく予定です。ご期待ください!
※ YN26は和歌山県限定の品種になります

このページのトップへ
2016/9/15
【摘果作業を行っています】
みかんの摘果
摘果されたみかん

ついこのあいだまでは、まったく降らない日々が続いたのに、今度は反対に雨が降り続いています。雨が多すぎて作業がなかなか進みません。。

現在はみかんの「摘果」作業を行っています。
木の下は落とされた沢山のみかんで敷きつめられています。

なぜ、そんなに多くのみかんを落とさなければならないか?

まず、多くなりすぎた蜜柑をそのままに木に成らせておくと、小さすぎる蜜柑がたくさん出来ることになります。
あまりにも小さすぎるみかんは商品としての価値が低く、結果的に全体の収穫量は少なくなってしまうのです。

そして、多すぎる蜜柑をならせて収穫の時期を迎えると、木の栄養分が使われ過ぎてしまい、ひどい場合には木を傷めてしまいます。

あまりに傷がひどかったり、日焼けしたものなども落とします。
品質・食味を良くする意味でも重要な作業になります。

ためしに摘果するみかんを一つ食べてみると、もうすでに十分な甘さが!
糖度計で測ってみると、すでに「12度」を超えるものも。

今年のみかんの仕上がりが楽しみになってきました!

このページのトップへ
2016/8/21
【ようやく恵みの雨が降ってくれました!!】
みかんの木に水やり
水やり後のみかん

雨の降らない暑い日々が続いていました。

天気が続いてくれるのは、甘くて美味しい蜜柑づくりにはありがたいことなんです。
でも、それがあまりにも続いてしまいますと、今度はみかんの葉が黄色になって、これ以上水がないと枯れ始めてしまうという状況になってしまうわけで、、

ときどき夕立が降ってくれていたのものの、地面を少しぬらす程度で終わっていたので、左の写真のように、ホースを畑に引っ張って水やりを毎日行っていました。

でも人がやる水の量には限界があるので、どうしたものかと困っていました。。

ですが!今日やっと雨が降ってくれました!!
本当に恵みの雨です。
これで蜜柑の木も水分を吸って、回復していってくれます。

これからまた晴天が続くようなので、小さすぎたりする果実を落としていく「摘果」作業に集中することができます。

甘い蜜柑を育てるために、もうひと手間がんばります!

このページのトップへ
2016/8/21
【美味しいみかんとは?】
青いみかん

皆様、美味しいみかんと言えばどんな味を思い浮かべますか?

「甘~いみかんが好き!!」な人もいれば「甘酸っぱいみかんが好き!!」な人もいて、好みが分かれると思います。
(個人的には甘酸っぱいみかんの方が、私は好きです。)

みかんは収穫後 日が経つにつれ少しずつ酸の素であるクエン酸が減っていき、甘みだけが残るようになっていきます。
よくみかんを転がすと甘くなると聞きますが、これは転がす事によりクエン酸が急速に傷の修復に充てられ、無くなるためです。
ですので、甘くなるというよりは酸が少なくなるという方が正しい言い方ですね。

そこで、当農園ではお客様へ商品をお届けする際には、採れたての「少し甘酸っぱいみかん」を出荷するようにしています。
こうする事により、お客様の好みの味に合わせる事ができるからです。

ちなみに、当農園のみかんはなるべく木からもぎたての状態を保てるように、みかんへの衝撃を少なくする「手選果」を行なっています。
衝撃を与えると、先述の通りみかんに傷をつけることになりますので、みかんはあまり日持ちしません。
当農園のみかんは一週間くらいは日持ちし、もちろん完熟ですので甘みは最大限までのっています。

今年もみかんの季節が始まろうとしています。
こだわりのみかんを皆様にお届けできるよう、丹精込めて育てています!!

このページのトップへ

よけそ農園の美味しいみかん(蜜柑)

小粒みかん(2Sサイズ)「小姫珠」 小玉みかん(Sサイズ)「姫珠」 温州みかん(Mサイズ)「並珠」
大きいみかん(Lサイズ)「大珠」 みかん(蜜柑)「サイズ無選別」 みかん(蜜柑)「加工用(サイズ無選別)」
ギフト用みかん 国産レモン  
2018年度のみかんは完売いたしました!ありがとうございました!
※価格は全て送料込の価格です
※みかん(蜜柑)は2kg入りと5kg入りと10kg入りがございます
※ご注文いただいた時期に合わせて最良のものを送らせていただきます。
このページのトップへ

桃とみかんのよけそ農園

桃とみかんのよけそ農園
  • 塩レモンを安全な国産レモンで
  • 蜂蜜レモンを安全な国産レモンで
メールについて お支払いについて お買い物について
「よけそ農園」では、お客様からいただきましたメールへのお返事は、必ず2営業日以内に返信させていただいております。
万一、メールをお送りいただいたにも関わらず、当農園より返信が届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいます様、お願い致します。

項目見出しクレジットカード
【ご利用可能なクレジットカード】
クレジットカード
VISA/Master/NICOS/UFJ/DC/JCB/AMEX/Diners

項目見出し代金引換(手数料260円)
ゆうぱっく  
項目見出し銀行振込(振込手数料はお客様ご負担)
 三井住友銀行

お支払い方法について詳細はこちら

項目見出し「よけそ農園」では、ご注文後、商品を出来るだけ早くお届けするために、初めてお買い物をされるお客様に【クレジットカード決済】または【商品代引】をお奨めしております。

項目見出しご注文の際には正しくメールアドレスをご記入されているかご確認ください。ご注文後のご連絡がとれず、ご迷惑をおかけいたしますのでよろしくお願い申し上げます。

※一部離島につきましてはお届け日、時間帯のご希望に添えない場合もございます。

個人情報について 送料について お届け時間帯の指定について
よけそ農園は、お客様の個人情報の取り扱いには万全の注意を払っており、お客様の個人情報を、あらかじめ示した提供先(運送会社や決済管理会社等)以外の第三者に開示もしくは提供することは一切致しません。

項目見出しゆうパック
 送料無料でお届けいたします。
 北海道・沖縄へのお届けは【770円】、東北へのお届けは【280円】の別途送料をいただいております。

配送日と時間の指定が可能です。
配達日指定のご希望がある場合、発注日よりなるべく一週間以降でご指定下さい。

時間帯は下記の時間帯からお選びいただけます。
午前中・12時~14時頃・14時~16時頃・16時~18時頃・18時~20時頃・20時~21時頃

よけそ農園(桃・みかん・国産レモンのお取り寄せ|通販|通信販売)

和歌山県紀の川市貴志川町長山1278

当サイト内の写真や文章、すべての内容につきまして無断転載・転用は、これを固くお断りいたします。

Copyright (C) Yokeso Farm. All Rights Reserved.